最初は、まずトレードの基準(物差し)をしっかり構築