FX初心者がカモになる時。2019年1月3日の急落。

半年ぶりに研究を再開。結局ここに戻ってくるので、やりたいことなのだろう。

まずはトレードルール作りだ。

ラインを使ったトレードルール構築を行っていく。

久しぶりに、ドル円やポンド円のチャートを見てみたが、全然わからないという感じもしないし、そんなに変わってないなぁという印象だ。

FX初心者がカモになる時。2019年1月3日の急落がすごい

当時ツイッターなんかで悲鳴が聞こえてきていたが、今改めてみてみるとすごいことになっていた。これは多くの初心者が絶望していることと思う。

年に1回~2回レベルの惨事又はチャンスだね。

取引が薄くなっているときに、ストップロスを狙うのは昔からプロ達が初心者をカモにするの常とう手段なので、これにはまるのは、まあ初心者だろう。

それと、トラリピなんかをやっている人たちかな。3円~5円位の、普段かからないようなところにストップロスを置いている人たち。まさにコツコツドカンの典型パターン。

ドル円チャートを見ると買いで入っている人が108円あたりにストップロスを入れていたのではないかと思う。そのストップロスを巻き込んで、一気に105円まで下落している。ただし割ることなく上昇。

2018年3月23日ごろにつけた104.7付近の安値は守られているので、今後も105円付近にが注目される。

気を取り直して買いで入った人は、105~104.7アンダーでストップロスを入れていると思うので、そのあたりの攻防が楽しみでもあるなぁ。